引っ越し 手続き 費用

引っ越しの手続きとかかる費用を安くする方法

引っ越し 手続き 費用

引越し 手続き 費用

引っ越し 手続き 料金

引っ越し 手続き 経費

引っ越し 費用

 

引っ越しするには結構なお金と時間がかかります。

 

荷物が多いと、大きなトラックと多くのスタッフが必要となりますし、近距離と遠距離ならガソリン代のかかる遠距離引越しはかなり高くなります。

 

引越しの条件は人それぞれなので、あなたの引っ越しにかかる費用は複数の業者に見積もりを取ってみるしか方法がないのです。
引っ越し費用を安くしたければ、競争してもらうのが1番です。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

良い引っ越し業者ほど予約が埋まっていきますので、早めに見積もりを取って引っ越し業者を決めましょう。

 

引っ越し業者が決まれば、引っ越しに必要な手続きに集中できますね。

 

市役所関係は転出届・転入届(または転居届)・国民年金・国民健康保険などがあります。
電気・ガス・水道・電話・郵便物・銀行やクレジットカード・運転免許証・パスポートなどの住所変更もお忘れなく。
これらは引っ越し日の前後2週間で行いましょう。

 

引っ越しは早めの準備で案外簡単に終わらせることができますよ。
頑張ってくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引っ越しの手続き

 

引っ越し手続き費用

 

引っ越しは大変ですが、手順をおっていけば案外スムーズに終わります。
どのような手順があるのか、確認してみてくださいね。

 

・ます新居を決める。決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
エレベーターありの4階となしの4階では引っ越し費用は同じ料金ではないので、新居が決まったら早めに見積もりを取ってまずは引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包と不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包します。
その時に出た不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。
引越しに時に荷物が多いとその分費用が高くなりますから、いらないものは売ったりあげたり捨てたりして処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前からできます。)
市外へ引越しする際は選挙のお知らせなどが新居に届くように手配しなければなりません。
転出届を提出しましょう。さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などへ引越しをする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは現住所で使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
新居での手配を忘れてしまうと電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便局に転送の手続きをしておくと、郵便物が1年間は新居に届くようにすることができます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日の荷物の運送は引越し業者におまかせするとして、どこに家具やダンボールを置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出します。選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポート、カード類、保険などは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

 

引っ越し料金のしくみ

 

引っ越し費用しくみ

 

引越し料金は、主に人件費+移動距離+オプションの有無によって決まります。
これらはおもに荷物の量で変わります。

 

同じ一人暮らしの引越しでも、荷物が少ない人と多い人とでは引越し費用は当然違います。
壁にびっしりと本が並べられているような方の引越しは、そうでない人に比べて高くなります。
本を宅急便で運ぶのでさえ送料がかなりかかりますので、想像できますよね。

 

荷物の量が多ければ多くのスタッフが必要ですから、人件費も高くなります。
荷物が多ければトラックまで何往復もしなければなりませんし、短時間で終わらせるためにもスタッフを増員して対処します。
さらに新居までの距離が遠ければ遠いほどトラックの運転手や交代の人が必要となります。

 

他にも例えば4階の引越しでエレベーターが無い物件や、道が狭くてトラックを物件の近くに横付けできない場合は多くのスタッフが必要です。
このように引越しに必要なスタッフの数はそれぞれの引っ越しで違うのです。

 

さらに引越しの距離が遠ければ、高速道路を使用しますので交通費やガソリン代も多くかかります。
これらの費用がすべて引越し料金に反映されるため、長距離引越しは近距離に比べて高いのです。

 

そして最後のオプションは必要な人だけ使うものです。
引越しをするすべての人がエアコンの移設やピアノの運送を希望しているわけではありません。
これら特殊なものには別料金が設定されていて、希望者にだけ付けられるというものです。

 

このように引越し費用はいろいろな要素が集まってできていますので、宅配便のように何キロまで〇〇円という表示が出来ないです。
もしあなた自身の引越し費用の相場や最安値が知りたければ、複数の引越し業者から見積もりを取ってみるのが1番早いです。

 

 

引っ越し費用と相場

 

引っ越し費用相場

 

引越しには通常期と繁忙期というのがあります。
繁忙期とは1年で一番引越しが多い3月前後で、それ以外は通常期と呼ばれます。

 

繁忙期は新大学生や新社会人に加え、春の人事異動で転勤する家族の引越しなどが一斉に行われます。
そのため、どこの引越し業者も大忙してんやわんやです。
スタッフを増員したり1日にあつかう引っ越しの件数を増やしても処理しきれないため、予約ができない日もあります。

 

もし繁忙期にどうしても引越しするのであれば、新居が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを依頼して比較検討して契約もしておきましょう。
繁忙期のひっこしはスピードが命ですので、出遅れないようにしましょう。

 

繁忙期と通常期では当然ですが、引越し料金が違います。
繁忙期は高く設定されていますので、もし可能であればこの時期の引越しをさけてずらすのがオススメです。
一人暮らしであれば必要最低限のものだけ宅配便で送り、大きなものは通常期になってから送るというのも一つの手です。

 

 

引越しを少しでも安くする条件

 

引越し条件

 

引っ越し費用は結構な大きな金額になることがあります。
できるだけ安くしたいなら引越し業者を比較するのが一番ですが、ほかにもできる方法はないでしょうか?

 

引越し業者を安くしたいなら条件を見直ししてみませんか?

 

引っ越し費用は、荷物の量に比例して高くなりますので、まずは荷物をできるだけ減らすことです。

 

さらに3月前後の繁忙期は1年で一番引っ越し費用が高い時期なので、この時期は避けたほうがいいです。
どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 
安くてサービスの良い引越し業者ほど予約がどんどん埋まります。時間との勝負です。

 

そして土日祝日は仕事を休むことなく引越しができるので、引っ越し希望者が多く平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

引っ越し費用は、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があるので安くなります。

 

長距離の引っ越しでも、単身なら単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように条件を少し変えれば、引越し費用が安くなる可能性があります。